大津市のお墓・墓地の一覧情報

21 件中 1~21件表示

  • 1
  • 1

大津市の霊園事情

大津市でのお墓探しのヒント

大津市の霊園情報イメージ

約34万人という人口を誇る大津市は滋賀県の南西に位置する中核市です。琵琶湖と比叡山に挟まれ、京都からもほど近い大津市は、1350年近くも昔に天智天皇によって遷都された歴史を持ち、市内には数々の観光スポットがあります。

最近話題になった映画「ちはやふる」の舞台にもなった近江神宮は天智天皇を祀っており、かるたの聖地として有名な大津市でも人気のスポットとなっています。境内には句碑や歌碑が13基もあり、石碑を探しながら散策するのも情緒が感じられて良いかもしれません。時期によっては神社で着物の貸し出しをしていることもあり、着物を身にまとって歩く境内は気分を一層高めてくれることでしょう。

かるたの聖地として名高い大津市は、それだけでなく、紫式部が源氏物語を書いたとされるお寺や、かの有名な明智光秀の菩提寺などもあります。少し街を歩くだけで、その場所に残る歴史を肌で感じることができるかもしれません。日常に溶け込みながらも厳かに佇む寺社は、一目で訪れる人々に非日常をみせてくれることでしょう。

ここでは、そんなみどころ満載の大津市の霊園や墓地についてご紹介したいと思います。

全国の相場と比べて割高なお墓

この項目では、大津市のある滋賀県の一般墓の相場をご紹介します。

まず、滋賀県の一般墓の中央値は約52万円になります。全国の一般墓の中央値と比較してみると、全国的な中央値は約40万円となっています。滋賀県と全国の中央値を比べると、滋賀県のお墓の相場が約12万円ほど高いということが分かります。

次に、お墓を建てるための土地の相場についてみていきましょう。大津市がある滋賀県では、一般墓を建てるための土地の中央値は約40万円です。対して、全国的な土地の購入費用の中央値は約34万円となっています。滋賀県と全国の中央値を比べると、差額は約14万円となっています。大津市では一般墓の値段は土地代と合わせて、全国平均より高くなっているのが分かります。

では、大津市がある滋賀県と隣接する他県はどうなっているでしょうか。滋賀県に隣接しているのは福井県、岐阜県、三重県、京都府の4つです。福井県の一般墓と土地代の相場はそれぞれ約34万円、岐阜県では一般墓と土地代の相場はそれぞれ約21万円、三重県は一般墓は約40万円、土地代は約32万円となっており、京都府になると一般墓が約80万円、土地代が約60万円と、とたんに相場が上がります。

滋賀県に隣接する県のうち、もっとも相場が高いのはいうまでもなく京都府で、福井県、岐阜県、三重県の3県は、全国平均と同じような価格か、それよりも安い価格でお墓を手に入れられることが分かります。滋賀県は隣接する県と比べてみてもお墓に関する費用が全国平均よりも割高になっているため、大津市でも同様の傾向がみられるかもしれません。

死者数に対して墓地数が足らなくなる可能性も…

大津市の死者数と墓地数の推移グラフ 厚生労働省『人口動態調査』『衛生行政報告例』より「いいお墓」作成

この項目では、大津市の死亡者数と墓地数についてみていきたいと思います。

大津市が発表している人口統計をみてみると、死亡者数は右肩上がりに増加していることが分かります。2005年の時点では2,138人の死亡者数が確認されています。徐々にその数は増えていき、2010年は2,661人、2015年には2,932人、2017年になると3,085人に増加しています。また、大津市は高齢化にともない、老年人口の割合も高くなる一方です。大津市の人口は2005年時点では323,719人で、65歳以上の人口は56,681人でした。2015年になると人口は34973人、65歳以上の人口は83,118人となっており、人口割合では10年間で10%も増加していることが分かります。

次に、大津市内にある墓地の数についてみていきましょう。大津市の墓地は2010年は530ヵ所、2015年には6ヵ所増えて536ヵ所になりましたが、2017年になると533ヵ所と2年間で3ヵ所も減少しています。大津市の死亡者数が増加傾向にあることは先ほど触れましたが、これに対して墓地の数は緩やかに増減していることが分かります。

大津市の死亡者数に比べて劇的な増加をみせない墓地は、今後も継続して推移していくとお墓が足らなくなる可能性につながります。自分親や自分のお墓が必要になったというときに「希望の霊園がみつからない」という事態になりかねませんので、そういったトラブルを回避するためにも、早いうちからお墓探しをしておくと良いでしょう。

大津市のお墓は鉄道沿線に多い傾向。アクセスは車でも電車でも良好

大津市の主な墓地マップ

次は大津市の霊園、墓地についてご紹介します。大津市の地図を確認すると、お墓は鉄道沿線に点在していることが分かります。

アクセスとしては、車なら「国道1号線」「国道161号線」「国道477号線」などを利用するとお墓参りに便利です。霊園、墓地によっては駐車場がしっかりと確保されており、車でのアクセスが良好な霊園も多いでしょう。

また、鉄道沿線に建設されている霊園、墓地なら、公共交通機関でのアクセスもできます。電車なら「JR湖西線」「JR琵琶湖線」に加えて、京阪電気鉄道の「石山坂本線」が使えます。駅から徒歩圏内という霊園、墓地や送迎バスのサービスをおこなっているところもあるので、自家用車を持っていな方でも公共交通機関を利用したお墓参りに気軽に向かうことができるでしょう。

大津市は冒頭でも触れたように歴史情緒あふれる街です。お墓参りで寺社を訪れるだけでなく、少し街歩きをしてみるのも良いかもしれません。お墓参りで同行した親しい人たちと、故人について語らいながら散策してみてはいかがでしょうか。

死者の姿をみせるお香の話

大津市には名産品である「大津絵」というものがありますが、その大津絵の絵師と、彼を取り巻く人々の人間模様を描いた歌舞伎、浄瑠璃の演目「傾城反魂香」があります。

反魂香とは、焚くと死者の姿をみせるとされた霊薬です。中国の故事に登場するアイテムで、前漢で第7代皇帝であった武帝が李夫人を亡くしたあと、故人をしのぶことが多かったため道士に作らせたお香を焚いたところ、煙のなかで李夫人の姿がみえたという逸話があります。傾城反魂香にはそんな反魂香が使われる一場面があるのです。傾城と、彼女に慕われつつも他の娘と結婚の誓いを立ててしまう絵師との悲恋の場面で、長い演目のほんの一節ですが、とても切ないシーンを演出しています。

人は、人を忘れていくときは最後に匂いを忘れるという話もあります。葬儀では焼香や線香などで、何かを焚く瞬間も多いことでしょう。その香りの中で、故人のことを思ってみても良いのかもしれません。

大津市の霊園・墓地に関するよくある質問

大津市でおすすめのお墓はどこですか?

おすすめのお墓は比叡山延暦寺大霊園,公益財団法人 瀬田南大萱霊園,琵琶湖・堅田ふれあいパーク,西安霊苑です。 詳細はこちらをご確認ください。

大津市の周辺には霊園がいくつありますか?

大津市の周辺にある霊園は21件です。 詳細はこちらをご確認ください。

大津市にある霊園に関してご相談はできますか?

電話でのご相談が可能です。0120-969-148にお電話ください。

サイト利用の注意事項

※担当者が現地に常時待機しているわけではございません。【霊園に直接行かれたい場合】は「お客様センター( 0120-969-148)」まであらかじめご連絡ください。 ※資料請求・見学予約・ご相談はすべて「無料」です。
※一度の資料請求が15件を超える場合は、絞り込みさせていただくことがございます。
※ご希望の霊園・墓地所在地が、お住まいより遠方にある場合には、確認のご連絡をさせていただくことがございます。
※資料は霊園または提携石材店よりお届けいたします。複数の霊園・墓地にて資料請求された場合、数社からご連絡がいくことがございます。
※運営主体・寺院の事情等により、インターネット上に掲載できない霊園・墓地もございます。掲載されている霊園・墓地以外の情報をお知りになりたい方は、インターネット相談・問い合わせ またはお電話にてお問い合わせください。
※空き区画の状況は常時変動がございます。また、価格改訂等により、掲載情報が実際とは異なる場合もございます。
※掲載されている情報に関して、事実と異なる情報、誤解を招く表記などがございましたら、霊園墓地のサイト掲載情報までご連絡願います。